ホンダ「ライフ」の感想

※ハンドルネーム:オレインさん(37歳・男性 栃木県)

わたしが好きな車、それはホンダのライフです。
ホンダのライフといいましても、2003年にフルモデルチェンジされた3代目のモデルが好きです。
さらに言うと、3代目のモデルの中でも、特にマイナーチェンジ前のモデルが大好きです。

現在の愛車であるということも、もちろん大好きな理由となりますが、
実際に乗っていてとても楽しくなるような車です。

まずは、モニターがついているのです。
スピードメーターの隣にモニターがついております。
このモニターには様々な情報が表示され、節目の日にはメッセージが流れます。

毎月1日には、「今日から7月です」というような表示がされます。
また、ひな祭りや新年には、特別なメッセージが表示されます。

さらに、登録さえしておけば誕生日や結婚記念日、納車記念日も表示されるので、
これは非常に楽しくなります。

また、燃費計がついていることも、非常にポイントが高いです。
普段なかなか燃費を意識して乗ることはありません。

しかし、燃費計が表示されていると、どうしても燃費の数字に意識が行ってしまい、
かなりエコな運転を結果的にしていることになるのです。
頑張って、リッター22.5キロメートルを突破しようと努力しています。

そして、シートアレンジが豊富なのもいいですね。
ノーマルな状態であっても、後部座席の後ろのスペースにはかなりの荷物が入ります。
折りたたみ自転車を折りたたんで、袋に入れてそのまま入れることができるちょうどいいサイズなのです。

これだけではなく、リアシートを完全に後部座席の足元に収納すると、
後部には広大なフラットスペースが誕生します。
タイヤ交換などをしてもらうのにタイヤを積むのに、このシートアレンジは重宝します。

また、フロントシートを後ろに倒して、
後部座席の足元とフラットな状態にすることで、かなりゴージャスな空間が誕生します。
後部座席にもたれて、フラットになったフロントシートに足をのせられるのです。
軽自動車でこの快適空間はうれしいですね。