ダイハツ シャレードの感想

ハンドルネーム:cakoさん(40代男性 大阪府)
---------------------------
ダイハツ・シャレードG11、5ドアハッチバックは、
1989年、僕が18歳で免許を取りたての時に初めて乗った車で、
親に半分出してもらい中古で30万ほどで購入しました。

兄貴いわく、中古車の割に大事に乗っていたようで、
吹き上がりも良好で、長持ちしそうだと言われました。
当時は福井の田舎に住んでいたので、車が必須の街でした。
そんな中、自分の車で市街地や県内のいろんなイベントに友人たちを乗せて、
遠出が出来ることに少し大人になった気分を感じていました。

1000ccで今から思うと物足りないですが、
当時は燃費など考えずにマニュアル車で1速のまま
アクセルをバンバン踏んで加速していたので、そこそこ走っていました。

また、1000ccの小型ボディにしては、
前座席も後部座席もしっかり足が伸ばせる空間がありました。

運転席も前にしてあげる必要もなく運転席後ろもそこそこスペースのある車で、
当時友人3人で乗っていましたが、後ろも快適だったようです。

燃費はあまり覚えていませんが15~20km/Lだったと思います。
タンクはそれほど大きくありませんでしたが、
1回の給油で市街地で350~400kmほど走ったのは覚えています。

この頃の車はクーラーはさすがについていましたが、
重ステでカーオーディオはラジオのみ。
パワーウィンドウも後部座席のカーフィルムも付いていません。
なのでバイトでお金をためて、2万円ほどのカーオーディオとスピーカーを買い、
自分で配線をして取り付けたりしていました。

当時は全部自分で配線までできていたのに、今の車は全部ディーラー任せなので、
電源がどこから取られているのかすら知りませんね。情けない。
このカーオーディオは当時カセットテープしかありませんでしたが、
シャレードの小さな車内の中では結構良い音が鳴りました。

カーアクセサリーでは、
当時大流行したウルトラマンのブレーキランプをつけたりしていました。
これを知っている人は確実に40代以上だと思います。
当時はまだワゴンタイプのてっぺんにブレーキランプが付いている車は少なく、
シャレードも当然付いていませんでした。
そこでこのウルトラマンのブレーキランプを後部座席の窓に内側からつけ、
ぬいぐるみ代わりにもなり、目が光ってブレーキランプにもなるという
当時は売り切れ続出の商品でした。

ガソリンスタンドで店員のお兄さんに「これどこで売ってました?」と
聞かれたくらいの人気だったことをよく覚えています。
最近はそういうアナログ的な流行りアイテムって減ってしまいましたね。
少し残念です。

結局19で都会に出たので乗ったのは1年でしたが、
もう一度会ってみたい懐かしい車の1つです。

レクサスRX450hの感想

ハンドルネーム:hiro8000さん(20代男性 群馬県)
---------------------------
私は、中学生の頃からレクサスが大好きでした。
ゲームを通じてレクサスを知り、その名前と装備の充実性やステータス性に憧れ、
2台目のレクサスを所有しています。

私が所有しているのは、RX450hです。
この車は、元は北米でレクサス(日本ではハリアーという名前)で販売されておりました。
世界初の技術を多数装備し、日本で売られていたハリアーとは高級感は全く違います。

よくレクサスは「所詮トヨタ・バッチが違うだけ」と言われておりましたが、
そのようなことを言う人のほとんどは実際乗ったことがない方が多いと思います。

実際は、細かい部分(シャーシの溶接数や塗装・部品との間のチリずれの無さ)など、
大変作りがいい点が気にいっております。
実際RX450hは乗り心地が良く、パワーがあり燃費が良いという好い事尽くめの車です。
是非、所有して頂きたいです。

この車よりももっと良い車は沢山ありますが、日本で使う分には必要十分です。
高速道路でもストレスありませんし、何処へ行ってもそこそこの対応を受けられます。
また、メンテナンスが安い点も評価出来るポイントです。
6万キロ走りましたが、車検や整備料金は普通の国産車に毛が生えた程度で、
以前乗っていたベンツCLS350と比べても半分以下ではないでしょうか。

ベンツと比べると高速走行は苦手ですが、レクサスも安心して走れます。
装備については、至れに尽せりで使い切れない装備が付いている点・値段も、
欧州車と比べて車両価格が安い点・安全性が高くメンテナンスも安い点で、
これ以上の車はないと思っております。

車に何を求めるかによりますが、
少なくともスポーツする車でなければ非常に満足度は高いです。

私は、レクサスが好きでこれからもレクサスに乗り続けるつもりですが、
是非一度乗ってみてください。
初めての乗る方は、欧州車が好きな方でも「この車で十分」と思って頂けるはずです。

何より、日本のブランドという事で品質は間違いなしですし、
北米でのCSも最も高いブランドですので今後も日本だけでなく、
世界のブランドのトップに居続けると確信しております。

三菱「パジェロミニ」の感想

※ハンドルネーム:tadahi003さん(38才・男性 兵庫県)

私の好きな車は三菱のパジェロミニです。
乗り始めて今年で5年目になります。免許をとって初めて買った車でした。
残念ながら今年で生産終了になってしまいました。

ディーラーの人の話によると、根強い人気はあるものの、
やはり低燃費街乗り軽自動車の人気には勝てないとのことでした。

私はジープのような外観の車が好きで、この形の車種をいろいろ調べて購入しました。
軽自動車ながら車高がやや高く、見栄えがします。
道を走っていて視界を遮られることが割と少ないことも気に入っています。

タイヤのサイズも、他の車よりやや大きいです。
全く意識してなかったのですが、会社の駐車場に駐めている時、
「君の車、タイヤのサイズ大きくていいなぁ」と言われ、
そう言われてみれば、タイヤが大きいとかっこ良く見えるなぁと思いました。

車体の独特の揺れも気に入っています。
ほとんど街乗りなのですが、オフロード走行も考慮して設計されているので、
カーブ走行時などは傾きや揺れがけっこうあります。

最初は気づかなかったのですが、
車検の代車で同社えイーケーワゴンを借りた時、違いに気付きました。

EKワゴンは、とても静かで「これは運転しやすいわー」と思ったのですが、
それは最初だけで、すぐ飽きてしまいました。

パジェロミニは運転していて楽しい車だと思います。
乗り始めて5年ですが、大きな故障等は全くなく快調です。

ディーラの人によると、パジェロミニは他の軽自動車より頑丈で、
長く乗れるのが魅力だと言っていました。

街中では旧タイプのパジェロミニで、10年以上乗っている車をよく見かけます。
私も10年超えを目指してみたいと思います。

本当に気に入っているのですが、やや燃費が悪いのがネックですね。
節約走行してもリッター11キロが限界です。
最近はリッター30キロ超えの軽自動車がたくさん発売され、さすがに羨ましくなってしまいます。
三菱自動車が、燃費の良いパジェロミニを再開発して発売すれば良いのになぁ…といつも思います。

 

ニッサン「エルグランド」の感想

※ハンドルネーム:ゲンゴロウさん(20代・男性 京都)

わたしは日産のエルグランドを愛してやみません。
暇さえあれば、車高をいじったり、タイヤのアクセサリーに凝ったり、
ライトやエクステリアをいじったり、手間や愛情をかけにかけるほど好きになっていきますね。
人生の相棒のようなものです。

見た目だけでなく、エルグランドは、乗り心地もたいへん素晴らしいのです。
走行時には思わずリラックス出来るくらいに上品で滑らか。
音響も30万近く掛けて改造していますので、クラシックを爆音で聞きながら走るのが好きです。

揺れが殆んどないので、高速でも街乗りでもスイスイ。
シートの身体への密着感もなかなか。カーブではしっかり踏ん張ってくれる。
だからか、他の同乗者も無駄な揺れがない分、本当に疲れを感じにくいみたいです。
だから長いドライブも余裕です。

他のミニバンよりだいぶ低重心に設計されているので、
コーナリングの鮮やかさは、他のミニバンより圧倒的に優れていると思うのです。
だから、スピードを落とさずにコーナーも曲がれます。
足回りも良い感じな踏み込み具合や硬さ、広さで運転していて、
肉体と一緒になったかのような一体感や安心感がありますね。

雨天時の水しぶきの騒音も少ない。
本当にサンダーバード的な、秘密基地のような、
少年の頃から抱いていたようなロマンがエルグランドにはあります。
走りの質もよければ、迫力ある、高級感のある見た目も兼ね備えるエルグランド。。
浮気は出来ないですね。

新型エルグランドが来年一月に販売されるみたいで、
いまからワクワクしています。欲しくなります。
しかもビッグマイナーチェンジながらも荷室容量が増えるらしいですね。

パッケージングに関して言えばちょっとだけ狭いかなー、
という印象だったので、新型にだいぶ期待してしまいます。
モーターショー行ったひとの話だと、かなりゴツくて格好良かったみたいでした。

エルグランドファンは多いので、
休みの日にはファン同士で集まり、コンボイ走行なんかしますよ。
何台もエルグランドが連なるさまは圧巻です。

ホンダ「ライフ」の感想

※ハンドルネーム:オレインさん(37歳・男性 栃木県)

わたしが好きな車、それはホンダのライフです。
ホンダのライフといいましても、2003年にフルモデルチェンジされた3代目のモデルが好きです。
さらに言うと、3代目のモデルの中でも、特にマイナーチェンジ前のモデルが大好きです。

現在の愛車であるということも、もちろん大好きな理由となりますが、
実際に乗っていてとても楽しくなるような車です。

まずは、モニターがついているのです。
スピードメーターの隣にモニターがついております。
このモニターには様々な情報が表示され、節目の日にはメッセージが流れます。

毎月1日には、「今日から7月です」というような表示がされます。
また、ひな祭りや新年には、特別なメッセージが表示されます。

さらに、登録さえしておけば誕生日や結婚記念日、納車記念日も表示されるので、
これは非常に楽しくなります。

また、燃費計がついていることも、非常にポイントが高いです。
普段なかなか燃費を意識して乗ることはありません。

しかし、燃費計が表示されていると、どうしても燃費の数字に意識が行ってしまい、
かなりエコな運転を結果的にしていることになるのです。
頑張って、リッター22.5キロメートルを突破しようと努力しています。

そして、シートアレンジが豊富なのもいいですね。
ノーマルな状態であっても、後部座席の後ろのスペースにはかなりの荷物が入ります。
折りたたみ自転車を折りたたんで、袋に入れてそのまま入れることができるちょうどいいサイズなのです。

これだけではなく、リアシートを完全に後部座席の足元に収納すると、
後部には広大なフラットスペースが誕生します。
タイヤ交換などをしてもらうのにタイヤを積むのに、このシートアレンジは重宝します。

また、フロントシートを後ろに倒して、
後部座席の足元とフラットな状態にすることで、かなりゴージャスな空間が誕生します。
後部座席にもたれて、フラットになったフロントシートに足をのせられるのです。
軽自動車でこの快適空間はうれしいですね。